お知らせ・イベント

2010年11月

2010年11月の記事一覧です。

2010 Winter !!!!!!    事務:石田

2010年11月28日

こんにちは〜。
最近めっきり寒くなりまして布団から出るのが辛くてならないです ∵


冬になると、毎年のように体重が増えてしまうので、
今年こそは阻止!!と強い気持ちで今シーズンを迎えています。


でも、食べ物を我慢するのはストレスになりそうですよね。
なので、 「なら動こけぇい!!!」 という精神で、
最近、水泳やウォーキング、陶板浴(?)、岩盤浴、などなどなどなど、
体にも良さそうなものを色々とチャレンジしてみています。


水泳は前からちょいちょい通っていたんですが、コレほんといいです。( b`’)
「運動してるぜ!!」という自己満足です。
しかし残念なことに、もともと低血圧な私は泳ぎ終わったら結構な確立で
貧血になってしまいます。(笑)


ふれスポへ行くと、おじいさん・おばあさんが沢山いらっしゃるんですが、
皆さん本当に、吃驚するほどお元気なんです。
ひたすら泳いでる方をもいらっしゃっていて、もう尊敬の域です。
わたしもおじいさん方に負けていられないなぁ・・・と思いました。


2010112312230000.jpg
△ ふれスポの爽やかな秋晴れです


2010112312190001.jpg
△ ふれスポからの風景


















ところで陶板浴は、岩盤浴に似たようなもので、宇宿の再生壽というところで出来るんですが、
雰囲気も素敵で、リラックスできて、とっても癒されます ♪
そこでは他に、ゲルマニウムの何ちゃら(?)もしているそうなので、
次回はそれにチャレンジしてみようと意気込んでいます !

最近、今まで食べられなかったものが食べられるようになったり、
煮物や胃がもたれないような食べ物がやたら美味しく感じてきて、
いやいや私も大人じゃないですかぁ!と一人で喜びを感じると同時に、
いやいや私ももう若くはないのね。と悲しくも感じています。

そんな私も年が明けたら成人式です *
デブい振袖姿にならぬよう、とりあえず1月までは頑張りたいと思います。

・・・・ 鹿児島の不動産のことなら住まいの情報館三ツ矢ホームへ ♪ ・・・・

ニュージーランド旅行    記入者:松田

2010年11月19日

 11月上旬、6日間をかけて金融機関主催の旅行へ行ってきました。

 ニュージーランドと言えば、皆さんどのように想像されるでしょうか?

 なじみも薄いのではないかと思いますが、想像したとおり羊、大自然、遠い、南半球、、、
まさに想像した通りでした。

 季節は春から初夏へ移るころで、日本とは正反対。

 国土は北島と南島があり、日本の約7割の広さですが、人口は約430万人と少なく、
自然が残るのもわかるような気がします。

 我々の旅行は、南島がメインの旅です。


 1日目、まず鹿児島空港→伊丹空港→関西空港→オークランド空港→クラストチャーチへ
約20時間かけて行きました。

 さすがに疲れます。時差は4時間進んでいます。

2
※写真をクリックで拡大

3
※写真をクリックで拡大

















 2日目、AM7:00 クラストチャーチ到着。(日本時間 AM3:00)

 まず最初が、クラストチャーチ市内観光。 
 南島最大の都市で、約40万人の町。歴史的建築物と、自然が調和した庭園の町の愛称を持つ。

4
※写真をクリックで拡大

5
※写真をクリックで拡大

















                                         △ 路面電車に乗って市内観光

 とにかく驚いたのが、木が大きいことである。高さ30〜40mの木がいたるところにある。

 なぜだろうと尋ねたら、
・ニュージーランドは日照時間が長く、朝6:30から夜8:00まで太陽が昇り、紫外線が多い。
・1日の寒暖の差が激しい。
などの理由らしい。

6
※写真をクリックで拡大


















 3日目、AM7:30 ホテルを出発。

 まず、世界遺産マウントクック、タスマン氷河、宿泊地クイーンズタウンへ、約500kmのバスの旅。
 バスで走っても走っても続く羊牧場。羊の数、3000万頭以上。

7
※写真をクリックで拡大

8
※写真をクリックで拡大

9
※写真をクリックで拡大


















 バスで走りながら大きな湖、プカキ湖。
タスマン氷河から流れ出た水で出来た湖で青緑色の湖。
ビューティフル!と叫びたくなるくらいの綺麗な色。日本ではまずないと思う。

 この日は天気が良く、遠くにうっすらとマウントクックが見える。
走り続けてマウントクックに到着。
2000m〜3000m級の山並みが数十km続き、頂上付近は白い化粧の万年雪でとても綺麗である。

10
※写真をクリックで拡大

11
※写真をクリックで拡大


















山は天候が変わり易く、「このように天気のいい日はめったに無い。」と、
ガイドさんは、「あなたがたはラッキーだ。」 と言っていた。

タスマン氷河を遠くに眺めながら、果てしなき羊牧場を走りながら、宿泊地クイーンズタウンへ。

山、湖、イングランドの街並み、が素晴らしく、女王様が住むにふさわしい町、、、
と言われて名付けられたのがその由来らしい。

11
※写真をクリックで拡大

12
※写真をクリックで拡大

















4日目、クイーンズタウンよりミルフォードサウンドへ約300kmかけて、
山と海にかこまれた渓谷をフェリーに乗って入り江のクルージングをする。

高さ160mからの滝。
入り江内最高峰海面より1710mの山(世界一)の迫力に圧倒される。

13
※写真をクリックで拡大

14
※写真をクリックで拡大

















帰りはセスナ機に乗り、遊覧飛行を楽しみながら約40分かけてクイーンズタウウンへ帰る。
行きは4時間かかったので、やはり飛行機は早い!

しかし気流が激しく、セスナは揺れ、かなり怖かったが素晴らしい絶景が見れた。

15
※写真をクリックで拡大

                      △ いよいよセスナへ!!


16
※写真をクリックで拡大


17
※写真をクリックで拡大


















              △ 機内の様子                           △ セスナからの風景
           


5日目、クイーンズタウンより北島のオークランドへ移動。

朝ゆっくりフリータイムがあったので街が一望できる山へロープウェイで行った。
またこの日も天気が良く、素晴らしい街並みが見れた。

18
※写真をクリックで拡大

19
※写真をクリックで拡大

















それから空港、オークランドへ。
オークランドはニュージーランド最大の都市で人口約130万人。

到着後、市内を観光しお土産品店を廻り、夕食へ。

pm9:00頃、空港に着き、
pm11:59日本へ出発。 関西空港へ約11時間かけて到着。


今回の旅行を通じて、ニュージーランドは非常に美しい国であると思った。

山、川、湖、牧場、街並み、すごく調和がとれ、そこに住む人々も自然や景観を大事にしている気持ちが伝わってきた。
また、観光客にも優しく、ゆったりとした日常を過ごしている感じだった。

但し、物価は決して安くない。円高と言えども日本よりも高いと感じた。

ニュージーランドはまさに景色の国であると思う。

幸い我々の旅行は、全行程快晴でラッキーだった。
天気次第でこの国の旅行は、全く違った感想になるのではないかと思うくらい、
風景がごちそうの国であると思った。


19
※写真をクリックで拡大

今なんじゃない! [売買営業部:大久保]

2010年11月14日

今年も残り1カ月半になりました。
年々1年の過ぎゆくのが早く感じます。
我が家では、少し先走ってクリスマスツリーを出しました。
この写真の周りはちらかっているので、部分のみです。
CIMG0986.JPG
今年はフラット35の金利引き下げなど、住宅への関心を持たれた方も多かったのではないでしょうか?
今年は特にお客様から「いつが買い時だと思いますか?」と聞かれるのですが、某車会社のCMのように、「今なんじゃない」とモノマネで言いたい気持ちを抑えて、「本当に今が買い時だと思いますよ。」とさわやかにお答えしています。
三ツ矢ホームでは、家賃並みの支払で新築一戸建てを建てて頂けるご提案をさせて頂いております。
もし... いくらぐらい借りれるかな?
     車のローンがあるなあ
     頭金貯めてからにしよう     と思われている方!
ぜひ今年のうちに家探し始めてみませんか?
「今なんじゃない!」の山崎さん並みの頭の大きい大久保までお気軽にご相談ください。
     

長男の忘れられない想い出   ≪売買営業:松井≫

2010年11月02日

もう3年も前の話にはなりますが、長男の成人式のとき、事件は起きました。


長男の人生の節目となる大切な晴れ舞台!!

私も奮発して、お祝いに普段なかなか自分でも着れないような

●●万円のスーツとコートをプレゼントしました。


成人式当日、嫁がスーツを着た長男を見て、

「なんか変?!小さい・・・・?」 と、思ったらしいですが、何せ初めて見る長男のスーツ姿。

「最近の若い子の着こなしはフィットするのが流行だからかしら???」

と妙に納得し、式典へ送りだしたそうです。


しかし、式典から帰ってきた長男を見て、七分袖に七分ズボン、、、、

やっぱりおかしいと、洋服屋さんへ真っしぐら。


嫁 「裁断間違ったんじゃないですか?<`〜´>」

店員さん 「す、すみません・・・! すぐ手直し致します。」


しばらくして、

店員さん 「これ・・・、お父様のスーツのようですが・・・・・・・」

嫁・長男 「え゛〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」


顔を真っ赤にして帰ってきたそうです(笑)


そうです。私が買って一度も着ていない、まだタグも付けたままのスーツと

間違って着て行ったみたいです。しかも、サマースーツ(>_<)

家に帰ってから、


嫁 「ゆうちゃん(長男)もホント馬鹿だねぇ!  お母さんまで恥をかいたがね。

   明日はバアちゃんも一緒に記念写真を撮るんだから間違いなさんなよ!

   写真は一生残るんだからね!!」


長男 「わかってるが。

     新しいスーツはもう僕のしか無いから間違えようがないって!!」

実は、もう一着タンスの中にタグ付きの新しいサマースーツが潜んでたんですね。 

ここまで話せば結末はおわかりでしょう。


記念写真には、しっかり七分袖・七分ズボンを履いた長男が写っていました・・・。

さすがに この夜は、嫁も半べそかきながらこの日のことを話てくれました。

「この子は、ほんとアホや!アホ!」と連呼していたのを思い出します。


残念ながら私は、この喜劇の2日間は仕事で立ち会えなかったのですが、

話を聞いて一人腹をかかえて大爆笑でした。

時も過ぎ 今となっては、忘れられない家族の良い思い出となっています。

そろそろ下の娘も成人式を迎えます。


子供の成長は早く、「あっ!」という間です。

我が子と言えども一緒に暮らせる時間は長いようで短いものです。

家族の思い出がいっぱい詰まった宝箱、それがマイホームではないでしょうか。


子育て時代の皆様  マイホームのことなら是非弊社にお手伝いさせてください!

「鹿児島の不動産のことなら住まいの情報館三ツ矢ホームへ!!」