太陽光発電

余剰電力買取制度

余剰電力買取制度


固定価格買取制度下では、早期導入がお得!

実は、売電価格は毎年引き下げられています。例えば住宅用の例でいくと、

2010年は48円/KWhでしたが、2011・2012年は42円/KWh、2013年は38円/KWhと

年々下がっていき、2016年は31円(税込)/KWh(出力制御対応機器無し)と33円(税込)/KWh

(出力制御対応機器有り)となっております。

毎年下げられる理由は、もともと固定価格買取制度は再生可能エネルギーの普及を促進する為に

作られており、太陽光発電普及が進み、パネル価格が下がるにしたがって、国は金銭面のサポートから

手を引き、太陽光発電の自然な普及に任せる事にしているからです。

しかし、余剰買取も全量買取も【“固定”価格買取制度】であるため、導入した時期の売電価格が

そのまま10の年・20年と継続される契約になります。

つまり、引き下げられるのは“導入時”の売電価格であり、導入後の契約上の売電価格が下がることは

ないのです。

そのため、毎年「導入時の」売電価格が下がるのが、確実であれば出来るだけ早い時期に太陽光発電を

導入し、高い売電単価で契約してしまうことが、早い導入費用回収と高い収入に繋がります。

 

img_glaph.jpg

 鹿児島市の余剰買取の価格は・・・?                                   


line2.jpg


                                                                                 
現在の買取金額 1kw/33円 ※平成28年1月現在

                                                                               
                                                                                 
 買取金額は10年間固定!!                                                               

                                                                                   
設置費用回収期間短縮に大きく貢献します。                      
こちらの申込は平成29年3月31日迄となっています。
 
                                      
                                                                                   
買取金額の高い今が太陽光発電設置のチャンスです。