三ツ矢ホーム家づくり

スケジュール


1

1. ご相談

家づくりの第一歩は、新居のイメージを膨らませることから。
家族構成やライフスタイルなどを考慮して、現在の住まいの不満や将来的にどのような暮らしをしたいのかなど家族の希望をまとめてみましょう。新居のイメージが明確になると、打ち合わせもよりスムーズに進みます。

ご相談
2

2. 資金計画

「予算=建築費」ではありません。
建築費(本体工事)以外にも外構工事や建物の火災保険料、借り入れにかかる諸経費などさまざまな費用が発生します。
手持ちの自己資金や返済可能な金額などを確認し、家づくりにどのくらいの予算がかけられるかをシュミレーションします。将来のさまざまな状況を予測して、無理のない返済計画を立てることがポイントです。

資金計画
3

3. 土地探し

土地を購入する場合、「できるだけ条件のいい土地を探したい!」とお考えになるのは当然のことです。住まいの情報館三ツ矢ホームでは、鹿児島県全域の土地情報を多数取り揃えております。お客様のご予算・ご希望に合った土地をご紹介いたします。

4

4. ご契約

ご希望の土地が見つかったら、土地のご契約・建物の仮工事請負契約を結びます。建物については、工事代金、予定延べ床面積、工事時期などの約束事を書面化して取り交わします。
家づくりは、お客様(発注者)と三ツ矢ホーム(請負者)の共同作業。二人三脚でいい家づくりを進めていきます!

ご契約
5

5. 住宅ローン申し込み

金融機関に融資必要書類を提出し、申し込みをします。金融機関や住宅ローンの種類によって利用条件は異なります。
お客様に最適な借入先をアドバイスし、面倒な手続きもお手伝いいたします。安心してお任せください。

住宅ローン
6

6. プランニング

いよいよ具体的な建物の打ち合わせの開始です。
お客様のご希望の間取り、外観デザインなど、まずは思いつくままのイメージをお伝えください。設計士がお客様のご要望を基に、敷地形状や法的条件などを考慮した設計プランをご提案いたします。
お客様の満足いくプランができあがるまで打ち合わせを重ねます。

プランニング
7

7. 図面決定・建築確認申請

最終確認が終わり、図面が決定すると、計画された建物が法的規制に適合しているかをチェックするため、必要書類を行政官庁に提出します。問題がなければ、通常2週間程度で確認がおります。

8

8. 仕様打ち合わせ

家づくりは「決める」ことの連続です。
キッチンやお風呂などの住宅設備や外壁や床材、内装材などなど...。カタログをご覧いただいたり、実際にショールームに足を運んでいただき、お好きな設備等を選んでいただきます。

プランニング
9

9. 地鎮祭

家づくりがスタートする前に、工事や建物の安全を祈願して、土地を清めるのが地鎮祭です。一般的には、神式で執り行いますので、神主さんに来ていただき、施主や工事関係者が参列して工事の安全を祈ります。

地鎮祭
10

10. 着工

いよいよ工事スタートです。建物の土台を作る基礎工事、木工事と進んでいきます。基礎工事は、建物の強度を左右する重要な部分です。
大切な住まいをしっかりと支える構造・強度をお約束いたします。

地鎮祭
11

11. 上棟

上棟は、家づくりの中間地点。この時点で家の骨格ができあがります。
職人さんたちへのねぎらいと今後の工事の無事を祈願して、上棟式を行うケースもあります。以前は宴席などを設けていましたが、最近ではご祝儀を渡すだけで簡略化する傾向にあります。
お客様のご希望に応じて、担当者がアドバイスいたします。

上棟式
12

12. 工事

「屋根工事→外壁工事→内部工事→内外装仕上げ工事→設備機器等工事→外構工事」と進みます。工事が進むにつれて、図面だけではわからなかった使い勝手や全体の印象がはっきりしてきます。
家づくりに「?」は禁物。
工事中の疑問もその都度解消するために、小さなことでもご遠慮なくお伝えください!

地鎮祭
13

13. 完了検査・各種手続

ついに念願のマイホーム完成!ご入居までもう一息です。
工事が完了すると、設計図どおりにできているかの完了検査を実施します。併せて住宅ローンの最終手続き、住民票移転手続や登記の手続きなどの各種手続を行います。

完了検査・各種手続
14

14. お引渡し・ご入居

住宅ローンの融資実行、代金精算を行います。同時に新居のカギ、設備の取扱説明書などを受領し、建物の引渡しを受けます。
いつまでも快適にお住まいいただくために、ご入居後の定期的な点検はもちろん、住宅の品質・性能を10年間保証いたします。安心とともに快適な暮らしをしっかりとサポートしてまいります。

引き渡し